葬儀のマナー
2017.03.29

供え花とお墓日本人のライフスタイルの変化に伴い、最近では葬儀にも様々な変化が生まれています。とくに地縁や社縁をもととするつきあいが薄れた現代においては、つきあいの濃い親族のみでゆったりとお別れをする家族葬のニーズが高まってきました。都市部だけではなく地方にも広まり、船橋市のような人口の多い市街地においても、もちろん広がってきています。こぢんまりとした葬儀が主流になるにつれ、葬儀の際に気をつけるべきマナーにも変化が現れ始めました。以前なら、親しい人やその親族の訃報を受ければ、次は「葬儀はいつか」と正式な知らせを待ち、親しければ親しいほどまずは駆けつけるのがマナーでした。しかし今では、すぐに弔問したり葬儀に訪れたりして良いものかどうか、また香典や供花を用意すべきかどうかを、まずは考えなければならなくなっています。
その葬儀が参列者を限定する家族葬であれば、訃報の際に「葬儀は家族葬で行います」と言われたり、知らせのハガキに詳しい日程が書かれていなかったりと、参列者以外には葬儀日程を知らせないのが一般的です。もしも受け取った知らせに家族葬で行うことが明記され、日程が書かれてなければ、その葬儀には参列できないということです。遺族や葬儀場へ無理に日程などを問い合わせるのはマナー違反なので、わきまえましょう。なお、家族葬か否かにかかわらず、香典や供物を辞退する葬儀も多くなってきています。知らせのハガキなどに「香典、供物の儀は固く辞退申し上げます」と書かれていないかどうか、注意してみてみましょう。「そうは言っても、持っていった方が良いのでは?」と考えあぐねてしまう人は多いでしょうが、香典の辞退は参列者の負担を減らすためのものではありません。遺族が香典返しを用意する費用や手間を省き、お別れに集中するためのものです。香典を無理に受け取らせるのはマナー違反となりますから、気をつけましょう。香典辞退とはあっても、供物や弔電については明記されていない場合があります。そのときは、香典以外であれば贈れると解釈するのが良いのかどうか、迷ってしまうでしょう。遺族に尋ねるのが一番ですが、それができない状況であれば、葬儀の行われる葬儀場に問い合わせてみるのも一つの手です。
葬儀のマナーは昔ながらのものが多い印象があるかもしれません。確かに、焼香のマナーと変わらないものもあります。しかし、他の多くのものと同様に、葬儀のマナーもだんだん変わっていきます。遺族を思いやる気持ちを失わず、新しいマナーについて常に確認するのが大事です。

▲ ページトップへ