船橋市における家族葬比較ランキングベスト5

第1位 昭和セレモニー

  • 充実のトータルサポートで事前の相談から遺品整理まで実施

  • ニーズに合わせた多ご葬儀プランを多数ご用意

  • 交通至便な上、斉場から火葬場まで車で5分という好立地

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

昭和セレモニーに対するみんなの口コミ

祖母の葬式は絶対に家族葬にしたくて、昭和セレモニーを選びました。家族葬でも、価格帯によってプランが選べるのと、こだわりた...
船橋で家族葬ができる葬儀場を探していたところ、こちらにお願いしました。まず、会場が駅から近く斉場から火葬場までも車で5分...
葬式前に故人との思い出をさらっと話したことも覚えていてくださって、故人の大好物を用意してくださったりとても感動しました。...

一級葬祭ディレクターが千葉県内最多数在籍している昭和セレモニー。

一級葬祭ディレクターが最多数在籍しているので、経験豊富なスタッフがきめ細やかなサービスとフォローで最後ま責任を持って担当します。

第2位 セレモ

  • 24時間365日専任のスタッフが丁寧に対応

  • 美粧式花湯灌を慈悲の心を持ちしめやかに実行致します

  • 船橋だけでも8店舗から選ぶことができるのでご自宅により近い場所でお葬式を執り行うことができます

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

セレモに対するみんなの口コミ

父を病院から連れて帰る際の運転もとても丁寧で故人や遺族に対しても心遣いを感じました。初めての葬式で何もわからなかったので...
セレモでは自社のホールがあるので、そちらで法事ができるので自宅での準備の必要が無く助かっています。ホールの数も32箇所も...
お葬式な関して何の知識も無かったので、事前のサービスで「お葬式セミナー」というものがあり利用させて頂きました。お葬式で恥...

大切な人の旅立ちに送る心をかたちにする

セレモでは葬祭ディレクターがたくさん在籍しており、公式サイトで葬祭ディレクターの写真なども掲載しているので安心してお任せできます。

第3位 古谷式典株式会社

  • たった一回しかない人生最後の儀式はとっておきの家族葬

  • 97,200円からお葬式を挙げられる最安値プラン

  • 葬儀に必要な設備が充実した直営の大型総合式場

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

古谷式典株式会社に対するみんなの口コミ

父の急死で悲しんでいる中、葬儀を古谷式典株式会社さんにお願いして良かったです。しっかりとこちらの話を聞いてくださり、父の...
母の葬式は、彼女で意向で家族葬に決めていたのですが後悔の無いように遺族と母の好みをお伝えできるたけ、要望を叶えてくださる...
初めてのお葬式だったので、お金の出費が怖かったのですが最安値で97,200円にオプションを別途つけていけるものが嬉しかっ...

急なご葬儀にも24時間365日対応

古谷式典株式会社のサイトではお亡くなりになられてから火葬までの詳しい流れとアドバイスが掲載されているので、初めての方でも安心して葬儀を進めていけます。

第4位 ホコラ

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

安心と信頼、納得できる葬儀をご案内

ホコラでは長年培ってきた経験と実績でクオリティの高いサービスを誇っています。経験豊富な葬祭ディレクターも精神的にも経済的にも不安なご遺族にも負担の少ない葬儀をご提案致します。

第5位 セレブ

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

株式会社セレブが顧客満足度95%

1級の葬祭ディレクターの資格を持つプロたちが費用のご負担を抑え、ご遺族や故人様のご要望にお応えします

葬儀の始まり・歴史

海外のお墓「葬」という字は、草をあらわす上下の部分が「死」を囲むことで成り立っています。このことから、葬儀の原始的な形は、遺体に草を被せて弔う風葬だったのではといわれています。イラク北部の洞窟では、ネアンデルタール人が同胞の亡骸に花を供えたとみられる跡が見つかっており、このことから葬儀の習慣は人類史においてかなり初期から始まったという見解があります。

日本において、今の葬儀の原型が作られたのは、江戸時代のことです。寺請制度が始まり、全ての人が檀那寺に帰属する仕組みが作られると、一人ひとりの戸籍をお寺で管理するようになりました。このため仏式葬儀が急速に広まったとされています。

時代は巡り、第二次世界大戦後になると高度経済成長に伴い日本人の生活は豊かになります。すると、きらびやかな祭壇を用意して大勢が参列する葬儀が一般的になり、葬儀は多額のお金が動く儀式へと変貌をとげました。しかしバブルが崩壊し、心の豊かさが見直されるなか、虚礼を廃し本当に親しい人たちと穏やかに故人を見送ろうという考え方が広まっています。基本的に親族のみでこぢんまりとした葬儀をする家族葬が普及しているのも、その傾向の一つといえるでしょう。家族葬専用の葬儀場が次々とできていることは、船橋のような人口の多い市街地に住んでいると特に感じるのではないでしょうか。

葬儀社の選び方

十字架いざ葬儀社を選ぼうとすると、あまりの多さにどれを選べば良いのかわからなくなる人は多いでしょう。とくに都心のベッドタウンの役割を果たし、人口の多い船橋においては、数多くの葬儀社の中から納得のひとつを選ばなければなりません。葬儀社の選び方には、3つのコツがあります。順を追ってご紹介しましょう。

1つ目のコツは、自分がどのような葬儀を行いたいかを明確にし、希望の形態に対応している葬儀社をピックアップすることです。親族を中心としたこぢんまりとした家族葬をしたいと思うなら、大型のホールしか持たない葬儀場で葬儀をすると割高になる危険があります。また、無宗教での葬儀を望むなら、仏教式や神葬祭の経験しかない葬儀社に任せるのは心許ないでしょう。大型の社葬やお別れ会を得意とする葬儀社もあります。まずは希望する葬儀の宗派、形態、規模を明確にし、希望に対応していない葬儀社を候補から外しましょう。

2つ目のコツは、自分自身が訪れて好印象だった葬儀場や、周りの人からの評価が高い葬儀場を候補に入れることです。実際に訪れた人や利用した人の口コミは、大きな判断材料となります。近所や友人、親族など幅広くリサーチすれば、突出して評判の良い葬儀社が必ず出てくることでしょう。

3つ目のコツは、必ず数社から見積もりを取ることです。口コミをリサーチしていると、「もう、ここしかない」と思えるほど評判の良い葬儀社が見つかるかもしれません。しかし、比較検討せずに葬儀社を決めるのは危険です。必ず数社をピックアップして同じ条件で見積もりを出してもらいましょう。金額はもとより、見積もり依頼時の対応や葬儀場の雰囲気など、トータルでとらえて最も納得のいく葬儀社を選ぶのが大切です。

葬儀の準備

並んだお墓いざ葬儀の準備をしようと思っても、何から始めれば良いかわからないという人が大半ではないでしょうか。葬儀の準備には、生前のうちから始められるものと、そうではないものとがありますが、実は生前のうちから準備できることは結構あります。いざとなってからでは慌ててしまいますから、元気なうちから調べておけると安心です。

生前から準備できるものとして、参列者のリスト、葬儀場の選定と見積もり、遺影、骨壷、会葬礼状の文面などがあります。とくに参列者のリストは、葬儀のスタイルや予算を決める大事な要素です。縁ある人を全て呼ぶ一般葬スタイルが良いか、親族中心で少人数の家族葬スタイルが良いか考えてみましょう。葬儀に出てもらいたい人をリスト化していけば、自然に自分がどのような葬儀を想定しているのかがわかります。

また、「元気なうちから遺影を準備するなんて、早すぎる」と考える人もいるかもしれませんが、高齢になればなるほど、遺影は10数年前くらいの写真が良いといわれています。元気な頃の面影を遺したほうが、のちに明るい気持ちで思い出してもらえるためです。また、病気になるとなかなか人と会うことができません。元気で社交活動が活発な頃の顔の方が、会葬者の多くになじみがあります。「変わってないなあ」と懐かしく思い出してくれることでしょう。

葬儀に必要な日数

お墓とカゴ葬儀の準備はなるべく生前に終えておいた方が後々スムーズです。ただ、万全に整えておいたとしても、葬儀までにはやはりある程度の日数を必要とします。日本の法律では、亡くなってから24時間は火葬ができません。葬儀場などで葬儀をすることなく火葬だけを行う「直葬」を選ぶにしても、最短で丸一日は必要なのです。きちんと葬儀を行うならなおさら、通夜や葬儀の知らせに1日は取らなければなりません。急いで葬儀をしたところで、お知らせが行き届かなければ意味がないためです。最短で葬儀をするなら、没後から3日目と考えるのが順当でしょう。1日目に日程や予算を打ち合わせて知らせを出し、2日目に納棺を済ませて通夜を行い、3日目に葬儀・火葬をします。

一昔前は、遺体の状態が心配なことから「なるべく早めに葬儀を済ませたほうが良い」という考えが一般的でした。しかし高齢化が進んで多死社会へ突入した現代においては、とくに都市部で火葬場の予約が取りづらくなり、葬儀日程が延びる傾向にあります。船橋においても、亡くなってから5日目、1週間目といった葬儀が多くなっているのを、実感している人は多いのではないでしょうか。

遺体保全技術が進み、1週間程度であれば葬儀社の安置室で預かることは問題ありません。また、ゆっくりとお別れができたほうが遺族の心理状態に良いことはいうまでもないでしょう。亡くなってから葬儀までに必要な日数は3日ですが、実際にはもっと日にちをおいた方がゆとりを持って葬儀ができるといえます。

▲ ページトップへ